筋トレ【まとめ】

理想の自分へ

トレーニング知識まとめ

1.鶏むね茹でる2.野菜敷く3.鶏むね切って盛り付け4.ゴマだれかける完成!ゴマだれのおかげでパサパサしないし!キュウリとかキャベツのしゃきしゃき感で食感も飽きない バンバンジー最強じゃね?他にオススメの食べ方あったら教えてくださいっ!! おすすめプロテイン ...

ジム後のラーメンってめちゃくちゃ美味しいですよね!?【ジム後ラーメンのメリット】・「糖質(炭水化物)が補える」運動(特に有酸素運動を中心としたトレーニング)を行うと体内のエネルギーが消耗し、体が疲労してしまいます。しかし運動後に麺類(炭水化物)を摂取する ...

こーーーき@筋トレブロガー@kooki1106筋トレは飛行機の離陸と一緒で、最初に1番エネルギーがかかるけど飛び立ってしまえば楽しいもんよ2019/05/27 11:07:00何でもそうだけど最初の離陸で燃え尽きてしまう人が多いよね新しいことを始めたとき最初は慣れていないのでエネルギー ...

それは・・・腹筋に強制的に効かせることができる!アブローラーから逃げると腹筋がペラペラになってしまいます【参考動画】キツいのは分かってるけど立ち向かう!キツいトレーニングほど身体に嬉しい変化をもたらしてくれます おすすめプロテイン   ...

ダンベルを使ってトレーニングをしているとなかなか下半身って鍛えられないよなーって方が多いはず。(僕が実際そうでした)ダンベルでスクワットをするにしてもすぐに重量が足らなくなりますよね。そんな方にオススメなのが【ブルガリアンスクワット】です!【参考動画】『 ...

1.【続けないと身体は変わらない】 筋トレを始めて身体が変化してくるには短くても3ヶ月はかかります。最初の1ヶ月はキツくてとても長く感じるので「俺めっちゃ頑張ったぜ!!」と思うかもしれませんが・・・やはり1ヶ月ではなかなか筋肉はつかないでしょう。筋トレが続 ...

漫画「グラップラ刃牙」の範馬勇次郎に憧れて筋トレを始めたという方も多いはず【参考動画】   1.【ラットプルダウン】  日本のトップフィジーカーの標準記録は   100kgで20回(!?)らしいです!2.【シーテッドロー】  ・肩甲骨をしっかり寄せる3.【バー ...

筋トレをしたくてもなかなか時間作れない・・・そんな方も多いはず!8分あれば肩をパンパンに出来るんです!【参考動画】各種目回数ではなく時間で区切る休憩は1分間1.【サイドレイズ】3分間2.【 EZバー・フロントレイズ】2分間3.【ダンベル・ベントオーバーリアデル ...

プランクというと同じ姿勢をキープするイメージが強いですが様々な動きを取り入れているので腹筋以外にもしっかり刺激が入ってオススメです!【参考動画】1種目30秒休憩なしの3分間エクササイズ 1.【ドルフィンプランク】2.【フロントブリッジの状態で足を上下】3.【 ...

スクワットは人によってだいぶやり方が違いますよねハイバーとローバーでトレーニング目的が変わってきます【参考動画】 『注意点』・頚椎にバーを乗せると危ないので要注意!・スクワットパッド(ちくわ)は 重心が高くなり不安定になってしまうので 基本的に無い方が良 ...

スクワットは人によってだいぶやり方が違いますよねハイバーとローバーでトレーニング目的が変わってきます【参考動画】 『ローバースクワットのポイント4つ』・バーが足の真ん中を上下する・膝を外に開いてしゃがむ(内側に入れない)・背中、骨盤を真っ直ぐに (反り腰 ...

肩の筋肉は・フロント・サイド・リア大きく分けて3つに分けられます3つをバランス良く鍛えることでボリュームのある綺麗な肩をつくることが出来ます!今回は正しいサイドレイズのやり方を紹介!【参考動画】『ポイント』・肩はあらゆる方向に動くため 丸みのある肩をつく ...

肩の筋肉は・フロント・サイド・リア大きく分けて3つに分けられます3つをバランス良く鍛えることでボリュームのある綺麗な肩をつくることが出来ます!今回は肩のフロントを鍛えるトレーニングを紹介!【参考動画】1.【EZバー・フロントレイズ】  10〜15回×4セット ...

AI、テクノロジーの発展働き方改革、終身雇用の終焉...ここ1年で労働環境は激変ライフスタイルもそれぞれに最適化されより一層、個が強くなる一方でリアルでのコミュニティーが求められるようになった今人間は1人では生きていけないのだ・・・今まさに筋トレが時代に求めら ...

美乳は筋トレでつくれるんです!そこで!今回は美乳をつくるのに効果的な『ダンベルフライ』を紹介します!【参考動画】【ポイント】・腰はアーチに  肩は上がらないように注意!・親指を外して ダンベルを持つ・肘が肩の横を通るように、ゆっくり弧を描く・胸のストレッチ ...

↑このページのトップヘ